住宅建築に使う自然素材の種類と特徴

query_builder 2022/07/15
コラム
31

「自然素材」と聞いても、イメージを持ちにくいことがあるかと思います。
今回は、住宅建築に使用される、代表的な自然素材の建材をご紹介します。
自然素材を使用した住宅の具体的なイメージを持ち、お住まいを建てる際の参考にされてください。

▼自然素材の種類と特徴
自然素材とは文字通り化学物質を含まず、自然界にあるものだけを使用した建材のことです。
住宅の建築に使われることが多い、自然素材を見ていきます。

■無垢材
無垢材とは天然の一本の木から切り出した材木のことです。
無垢材は、空気中の水分を吸収する調湿性能を持ちます。
このため、無垢材を使用した住宅は、湿度の上昇しがちな夏場でも快適に過ごすことができます。
また、衝撃を吸収する特徴もあるため、転倒時のケガのリスクを下げる効果も期待できます。

■和紙
和紙は木の皮の繊維などを使用して、日本古来の技法によって作られた紙です。
高い通気性と湿度調節機能があり、住宅の天井や壁紙などに使用することが可能です。
化学物質を使用した壁紙材であるビニールクロスとは異なり、燃えた際に有害物質を出さない特徴もあります。

■漆喰
漆喰は日本古来の建材で、石灰とつなぎ材、そして水をまぜて練り上げる壁材です。
住宅の内外を問わず、壁に使用できます。
ビニールクロスよりも経年による劣化に強いことから、長く美観を保つことができます

■珪藻土
珪藻土は、植物性プランクトンを主な材料とする壁材です。
七輪の材料に使われる程、高い防火性能を持ちます。
珪藻土の壁の表面は「多孔質」といい、微細な穴が大量に開いています。
この穴に有害物質などを吸収するため、室内の空気を奇麗に保つ効果が期待できます。


■セルロースファイバー

セルロースファイバーは天然繊維によって作られた断熱材です。

古新聞を再利用しているため、環境に優しい建材として知られます。

高い断熱機能だけでなく、防音性・防火性にもすぐれています。


▼まとめ
住宅建築に使う自然素材の種類と特徴について解説しました。
無垢材、和紙、漆喰、珪藻土、セルロースファイバーなどが代表的な建材です。
自然素材を使用した住宅を検討の際は、当社にぜひお任せください。

NEW

  • 秦野市にて地鎮祭を行いました|ガレージハウス|秦野市の注文住宅

    query_builder 2022/10/24
  • 綾瀬市の注文住宅お引渡し|自然素材の家|木の家の施工事例

    query_builder 2022/10/16
  • 【10/2完成見学会】綾瀬市にて開催決定!

    query_builder 2022/09/18
  • 自然素材|秦野市の注文住宅・工務店|無事に上棟しました!

    query_builder 2022/08/28
  • 川崎市にて地鎮祭を行いました|自然素材の家|川崎市の注文住宅

    query_builder 2022/08/26

CATEGORY

ARCHIVE