リビングに設置する窓の種類について

query_builder 2022/04/08
コラム
18

リビングの窓にはいくつかの種類があります。
それぞれに意味があり、役割が違ってきます。
今回は、リビングの窓の種類とそれぞれの役割についてお話しします。

▼リビングの窓の種類
■掃き出し窓
掃き出し窓とは、リビングから外に出られる大きな引き戸式の窓です。
元々は掃除をする際、窓の外にゴミを掃き出すための窓であったため、掃き出し窓という名前になりました。
今では、庭やバルコニーに出るのに便利な窓です。

人が出入りできる大きさの窓であるため、陽の光をたっぷり取り込む事ができます。
また、風の出入りもしやすく空気の入れ替えもしやすいでしょう。
しかし、窓が大きなことでのデメリットもあり、外の気候の変化を受けやすく冷暖房の効きが悪くなることも。

リブートでは樹脂・ペアガラスの窓(YKKap APW330)を採用し、断熱性能の向上に努めています。


■腰窓
腰窓とは、文字通り腰の高さにある窓の事をいいます。
腰窓の場合、掃き出し窓に比べて窓のサイズは小さくなります。
そのため、陽の光の入り方も少なくなりますが防犯面においては強化されます。

外に出る用の窓では無いため、家具を置く配置に気を遣う必要がありません。
窓に向かって机を置けば、外を眺めながら作業ができます。
また、窓が小さいため冷暖房の効きにもあまり影響はありません。

■高窓
高窓とは、天井に接した位置に設置した窓です。
高窓は陽の光や換気をする目的があります。
その際に、部屋の中が外から見え無いため、プライバシーを守る事ができます。

部屋の中が見えないようにしたいけど、窓は欲しいというご家庭には最適な窓といえるでしょう。
そのため、カーテンなどを付ける必要もありません。
しかし掃除をするのが難しいという点はデメリットといえます。

▼まとめ
リビングの窓は、目的を明確にし、メリット・デメリットを理解して設置すると良いでしょう。
当社ではお客様のご要望に応じて、窓の設置を行います。
また、住宅のプロによる目線でのアドバイスを行う事もできます。
是非、ご相談ください。

NEW

  • 【施工例】綾瀬市の戸建て|ナチュラルインテリアの注文住宅

    query_builder 2023/01/29
  • 秦野市にて地鎮祭を行いました|ガレージハウス|秦野市の注文住宅

    query_builder 2022/10/24
  • 綾瀬市の注文住宅お引渡し|自然素材の家|木の家の施工事例

    query_builder 2022/10/16
  • 【10/2完成見学会】綾瀬市にて開催決定!

    query_builder 2022/09/18
  • 自然素材|秦野市の注文住宅・工務店|無事に上棟しました!

    query_builder 2022/08/28

CATEGORY

ARCHIVE