リビングの広さについて

query_builder 2022/04/01
コラム
17

家を建てる際、「リビングの広さはどのくらい必要なのかわからない」という方も多いのではないでしょうか。
リビングの最適な広さは、住む人の人数や生活習慣にもよります。
さらに、「リビングは広ければ広いほど良い」というものでもありません。
そこで今回は、快適に過ごせるリビングについてお話しします。

▼リビングの平均的な広さ
家族で住む場合、必要なリビングの広さは一般的に16~20畳ほどあれば良いとされています。
リビングの形にもよりますが、平均的に18畳程あれば問題ないでしょう。
テーブルやテレビにソファなど、設置する家具の大きさもそれに合ったものを選ぶことで、窮屈さを感じずに過ごせます。

▼リビングが狭い場合
リビングが狭いと、掃除や部屋の管理は楽になります。
しかし、狭い空間が窮屈に思えて、それぞれが自分の部屋にこもってしまうと、家族の憩いの場として活用しづらくなります。
どうしても必要な広さを確保できない場合は、インテリアを工夫すると良いでしょう。
物を減らしたり、家具の位置や大きさを調整する事で、リビングを広く使えます。

▼リビングが広い場合
リビングが広ければ、開放感を感じ、同じ部屋にいながらもそれぞれの空間を確保できます。
家族の憩いの場としても活躍するでしょう。
インテリアにもこだわり、好きなものを設置する事が可能です。

ただし部屋が広いという事は、それなりに管理が必要です。
冷暖房も効きづらくなるため、電気代などの費用はかさみます。
また、当然掃除も大変になるため、必要以上に広い事が必ずしも良いとはいえません。

▼まとめ
リビングは家族の憩いの場として、無くてはならない場所です。
そんなリビングも、適切な広さで作る事によりさまざまなメリットがあるでしょう。
当社では、仲の良い家族関係を保てるような家づくりをモットーにしております。
是非、仲の良い家族を保つためのお手伝いをさせて頂ければと思います。

NEW

  • 珪藻土塗り壁パターン決め|健康住宅|海老名市の注文住宅

    query_builder 2022/06/16
  • 祝上棟!綾瀬市の注文住宅|自然素材の家・木の家

    query_builder 2022/05/20
  • 基礎工事完了|綾瀬市の自然素材の家|完全注文住宅

    query_builder 2022/05/13
  • ゴールデンウィークを前に

    query_builder 2022/04/28
  • 綾瀬市にて地鎮祭|自然素材の注文住宅|神奈川県秦野市の工務店

    query_builder 2022/04/14

CATEGORY

ARCHIVE