アルミ製雨樋|メンテナンスフリーで継ぎ目がない「シームレスガター」

query_builder 2021/07/02
ブログ
雨樋 シームレスガター メンテナンスフリー おすすめ アルミ製雨樋

アルミ製雨樋|メンテナンスフリーで継ぎ目がない「シームレスガター」




神奈川県秦野市にモデルハウスを構える注文住宅の工務店、株式会社リブートです。 平塚市・厚木市・小田原市・伊勢原市・藤沢市など、秦野市を中心に神奈川県内を対象に注文住宅を設計・施工しています。 造作家具付の自然素材注文住宅を得意としています。




本日は、現在リブートで採用しているアルミ製雨樋「シームレスガター」についてご紹介します。


雨樋というと、一般的には塩化ビニル製やその他樹脂製が普及しています。安価で良いのですが、太陽光の紫外線により経年劣化により割てしまったり変形してしまったりと、雨漏りの原因になるため、20-25年に一度を目安に交換が必要とされています。


リブートで採用しているアルミ製雨樋「シームレスガター」は、耐久性・耐候性・耐蝕性に優れたメンテナンスフリーの雨樋です。軒樋(横の樋)は厚み0.69mmの厚板を使用しており、ゆがみやそり・たわみの心配がありません。表面は裏表ともにポリエステル樹脂の焼き付け塗装になっており、汚れが付きにくく拭き取りやすい、また腐食・変質に対する優れた耐久性が特徴です。

雨樋 耐久性 アルミ製雨樋 シームレスガター メンテナンス

次に、施工方法についてご紹介です。

上の写真のような「成型機(フォーミングマシン)」を搭載した専用車が、現場で加工を行います。アルミの板材を成型機に通し、雨樋の形に成型していきます。

現場で軒の長さを確認してから成型しますので、どんな長さの軒樋にも対応可能な上、継ぎ目がない仕上がりとなります。継ぎ目がないということは、外観がすっきりと仕上がることはもちろん、接続部からの雨漏りや脱落の心配がない、ということです。

アルミ製雨樋 シームレスガター 雨樋 特徴 おすすめ 工務店 アルミ雨樋

このように、成型機で成型された雨樋が出てきます。


軒樋の容量は、塩化ビニル製雨樋の一般的なサイズよりも大きく、大雨の際にも安心です。また破風板に直接取付けることにより、躯体内への雨水の浸入を確実に防ぐことが来ます。


カラーはブラック、ブラウン、アイボリー、ホワイト、ゴールド、シルバー、グリーンと、7色ご準備していますので、破風板や外壁、サッシ等に合わせてお選びいただけます。破風板や外壁の色と近い色味を選ぶことで、あまり目立たせたくない雨樋の存在感を軽減でき、外観の意匠性の向上に繋がります。




以上、アルミ製雨樋「シームレスガター」のご紹介でした。




神奈川県内で自然素材を使った注文住宅が得意な工務店をお探しの方は、ぜひ一度リブートへご相談下さいませ。 家族構成・生活スタイル等から、ご予算を考慮したおすすめの間取りをご提案いたします。 お問い合わせは下のボタンから。

NEW

  • 見学会を開催しました|平塚市|無垢の木の注文住宅

    query_builder 2021/11/26
  • 平塚市にて見学会を開催しました!自然素材の注文住宅

    query_builder 2021/11/22
  • サンワカンパニー東京ショールームへ行ってきました|ステンレスキッチン|キッチン選び

    query_builder 2021/10/30
  • 地鎮祭を行いました|伊勢原市の注文住宅|自然素材の家

    query_builder 2021/10/30
  • リフォーム完了!モデルハウス見学にぜひお越しください|自然素材の家

    query_builder 2021/10/09

CATEGORY

ARCHIVE