高性能な断熱材|セルロースファイバーとは?デメリットはあるの?|秦野市|工務店

query_builder 2020/12/14
ブログ
自然素材 住宅 木の家 戸建て 注文住宅 リビング インテリア

高性能な断熱材|セルロースファイバー



神奈川県秦野市に展示場を構える注文住宅の工務店、株式会社リブートです。
秦野市を中心に、平塚市・厚木市・小田原市・伊勢原市など、
神奈川県内を対象に注文住宅を設計・施工しています。
造作家具付の自然素材注文住宅を得意としています。



本日は、リブートで標準採用している断熱材「セルロースファイバー」について

解説していきたいと思います。


施工の様子はこちらの記事をご覧下さい↓

断熱材|セルロースファイバーの施工①|壁|神奈川県秦野市|自然素材|注文住宅|工務店

断熱材|セルロースファイバーの施工②|屋根・天井|神奈川県秦野市|自然素材|注文住宅|工務店

自然素材 注文住宅 リビング インテリア ナチュラル

メリット


①高い断熱性能

セルロースファイバーは新聞紙をリサイクルした天然の木質繊維を原料としています。

無数の穴が空いた様々な繊維が絡み合うことで空気層が形成され、高い断熱性能を発揮します。


②防音性能

繊維に空いた無数の穴や繊維間の空気層は、防音にも高い機能を発揮します。


③調湿性能

木質繊維が湿気を調節してくれるため、壁内結露やカビの発生を防ぐことができ、快適な温度に保ちます。


④難燃性・防虫作用

ホウ酸を添加しているため難燃性であり、防虫効果があります。

自然素材 注文住宅 リビング インテリア 緑 ラグ キッチン 収納

デメリット


①他の断熱材に比べコストがかかる

一般的な断熱材であるグラスウールやロックウールに比べ、費用が上がります。


②配線工事への影響

吹き込んだセルロースファイバーが出てきてしまうため、セルロースファイバー工程後には

外周壁面のコンセントや照明の位置変更が出来ません。

同様に、リフォーム時に壁や天井に手を加える場合も注意が必要です。


その他の注意点として、規定量を確実に充填する必要があるということです。

多すぎても少なすぎても断熱性能が下がりますし、

少ない場合は自重で沈降して上部に隙間ができてしまう場合があります。

信頼できる業者に依頼することが大切といえます。


以上、「セルロースファイバー」のご紹介でした。



神奈川県内で自然素材を使った注文住宅が得意な工務店をお探しの方は、
ぜひ一度リブートへご相談下さいませ。
家族構成・生活スタイル等から、ご予算を考慮したおすすめの間取りをご提案致します。
お問い合わせは下のボタンから。

NEW

  • 小田原市にて造作家具の打ち合わせ|自然素材の注文住宅|工事中現場レポート

    query_builder 2021/04/15
  • 現場レポート|海老名市の注文住宅|自然素材・無垢の木の家

    query_builder 2021/04/10
  • 海老名市にて上棟式を行いました|自然素材の注文住宅|秦野市の工務店

    query_builder 2021/04/05
  • タカラスタンダードショールーム|オフェリアの価格や特徴は?|キッチン選び

    query_builder 2021/04/02
  • 地鎮祭|平塚市の注文住宅|造作家具つき・自然素材が得意な工務店|地鎮祭の様子をレポート

    query_builder 2021/03/29

CATEGORY

ARCHIVE